義歯|志木駅・新座市東北で歯科をお探しの方ははせがわファミリー歯科まで

イオン新座店4階・志木駅2分の歯科医院
時間
10:00-13:00
14:00-19:00
★土・日は、9:30~13:00、14:00~17:30
休診日:木曜・祝日・第一日曜日

〒352-0001
埼玉県新座市東北2-32-12 イオン新座店4階

  • 電話
  • メニュー

義歯

義歯

むし歯や歯周病が進行してしまい、自分の歯を失ってしまうというケースがあります。また、ケガや事故により歯を失う場合もあるでしょう。
こうした失われた部分に関しては義歯(入れ歯)を作ることになります。

残っている歯の状態によって、総入れ歯になる場合もあれば、部分入れ歯ですむこともあります。

義歯について

義歯(入れ歯)は失われた歯の機能を回復させる場合、最も手軽な方法と言えます。
インプラントのような外科的な手術は必要ありません。実際に義歯を利用するにさいして、方法は一つでは無く、色々な方法があります。
同じ方法でもどの材質を使うかと言う問題もありますし、保険適用か自費治療かで金額も大きく変わります。

ヒアリングして患者様にあった治療提案

ヒアリングして患者様にあった治療提案

このように多様な治療法がある中で、どのタイプの義歯を作るかに関しては患者様のご意思が最優先となります。
保険適用で義歯を作るか、それとも自費負担で義歯を作るかはそれぞれのメリットとデメリットをしっかりと説明いたします。
わからない点や、不安に感じている点はお気軽にご質問ください、懇切丁寧にお答えいたします。

義歯を作るに当たっては、こうしたヒアリングをしっかりさせていただき、患者様に最も適した治療法を提案いたします。

かみ合わせの重要性

入れ歯を利用している方の中で、「どうもシックリこない」と感じる原因の中にかみ合わせの問題があります。
かみ合わせが悪いと、上手くかめないことで、食事の満足度も大きく低下してしまいます。
また、顎にも負担がかかり様々な問題が起きる可能性があります。

自費の入れ歯と保険の入れ歯

入れ歯の中には自費のものと、保険が適用されるものがあります。
健康保険でまかなえるのは、機能面の回復を主な目的としているものです。
より適したフィット感や、見た目の良さ、食事の満足度を上げるためには自費の義歯をおすすめしております。

保険の入れ歯

レジン床

保険診療で行うのがこのレジン床というもので、歯肉に当たる部分にレジンというプラスチックを使った入れ歯です。
保険がきくことから安価に作れるというのが最大のメリットです。
熱の伝導率が金属床よりも劣ります。デメリットとしては他に床の部分が厚いことや、破損しやすいことが上げられます。
装着感においては、違和感を感じるケースもあります。

自費の入れ歯

金属床

こちらの金属床は歯肉に当たる部分に金属を使うもので、保険が適用されず、自費診療となります。
保険のプラスティックよりも温度が伝わりやすいため、食事の満足度が上がります。
また、金属製であるため薄いにもかかわらず、レジン床のものよりも強度が高く、
万一、下に落としたとしても破損する可能性が低くなります。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯とは磁石などを使った入れ歯のことです。
磁石を使った場合、入れ歯の土台となる歯の根っこに磁性金属を取り付け、入れ歯側に磁石を埋め込み、磁石の吸引力で入れ歯を装着します。
歯がなくなった方でも、インプラント(土台)を埋めることで装着できます。
「入れ歯がすぐに落ちる」、「しっかり噛みたい」、「入れ歯をしているのを知られたくない」といったお悩みの方におすすめです。

アタッチメント義歯のメリット
・歯に優しい
・取り外しが簡単
・審美性に優れる
・お手入れが簡単

ナチュラルデンチャー

金属のバネを使わないで利用できる部分入れ歯です。
装着感の自然さやフィット感の良さに加えて、柔軟性もあるので、破損のリスクが低いというメリットを持つナチュラルデンチャー。
金属を使用していないことから、金属アレルギーを持つ人にも適しています。

コンフォートデンチャー

コンフォートデンチャーは、硬い入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う入れ歯です。シリコンは柔らかい素材でてきているので、歯ぐきと入れ歯の間でクッションの役割をし、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担をやわらげます。
入れ歯で噛んだ時に、「痛い」、「噛みにくい」、「外れる」といったお悩みの方にはおすすめです。

コンフォートデンチャーのメリット
・痛みが無い
・力強く噛むことができる
・がたつきにくく、外れにくい
・身体にやさしい素材を使用
ページトップへ