審美歯科|志木駅・新座市東北で歯科をお探しの方ははせがわファミリー歯科まで

イオン新座店4階・志木駅2分の歯科医院
時間
10:00-13:00
14:00-19:00
★土・日は、9:30~13:00、14:00~17:30
休診日:木曜・祝日・第一日曜日

〒352-0001
埼玉県新座市東北2-32-12 イオン新座店4階

  • 電話
  • メニュー

審美歯科とは

審美歯科とは

むし歯になったり、歯周病になったりすると、健康な歯が持っている機能が失われていきます。そうした本来の機能を復活させることは重要ですが、最近ではそれだけではなく、より美的な視点から治療することを求める患者様が増えています。
審美歯科が扱うのはこうしたより美しくするための治療ということになります。美しい歯を持つことで、自信を持って人前に出たり、笑ったりすることができるようになり、患者様の人生にも大きな影響を与える可能性があります。
女性はもちろん、男性も歯の美しさを意識した治療を考える時代になっていると言えます。

自費診療と保険診療

歯科診療には自費で行うものと、健康保険を利用できるものの2つがあります。
この2つの違いですが、保険が使えるものは機能回復を目的としたものになり、美しさを求めるような治療法に関しては自費診療となります。

保険診療(銀歯について)

保険診療の代表的なものに銀歯があります。
この銀歯は金銀パラジウム合金というものを使っているのですが、メリットとしては保険診療で可能なため、経済的である点が上げられます。
しかし、白い歯の中に銀歯がちらつくと非常に目立ってしまいます。
白い綺麗な歯でいたいと思っている患者様には気になることもあるでしょう。

こうした見た目の問題だけでなく、銀歯には汚れの付着が目に付きやすいという問題やセメント部分が溶け出したりして
むし歯になる場合もあるというデメリットもあります。

自費診療(セラミックの特徴)

銀歯に対して、人気が高まっているのがセラミックです。周りの歯と同じ白さを維持できるため、
口の中を開けても自然の歯と変わらず、まったく違和感がありません。
そのため特に女性の患者様はセラミックを希望される方が多くなっています。また、セラミックは美的な観点以外に金属を用いないので、金属アレルギーを持つ方にも安心です。
ただセラミックの場合、自費診療となるため、保険診療よりも治療費が高くなります。

被せ物の種類

被せ物は材質により、いくつかの種類があります。ここでは被せ物の種類とそれぞれが持つ特徴について説明します。
どんな材質の被せ物にするかを考えるときには、美的視点と共に、強度にも注意したほうが良いでしょう。

オールセラミック

審美的視点から優れているオールセラミック。
用いられている素材としてはアルミナの他に、強さにおいてより優れているジルコニアやe-maxが使われています。
アルミナが人工サファイアだとすれば、ジルコニアは人工ダイヤモンドと呼ばれるように
ジルコニアはその強度や耐久性においては定評があります。
一方、e-maxは二ケイ酸リチウムガラスと呼ばれる素材を使っていて、色彩の調整などが可能なため美的な調整には重宝する素材です。

メタルボンド

メタルボンドはセラミック素材の裏側部分を金属で支えているもので、外見上はセラミックとなるため、
美的に優れていると同時に金属の強さを利用することができるので強度においても優れています。
両方の良い所を活用していると言えます。

ハイブリッドセラミック

セラミックはその素材の性質上、どうしても割れやすいという性質を持っています。
それを補うためにセラミックにレジンを加えているのが、このハイブリッドセラミックです。
柔らかさを持つため、通常のセラミックのように硬い歯で周りの歯を傷つけるというリスクを避けることができます。

ラミネートベニア

話をする時や笑うときに必ず相手に見えるのが前歯です。
この前歯の美しさを保つために前歯に薄いセラミックを取り付けるのがラミネートべニアという方法です。
取り付けるさいには前歯を薄く削りますが、被せ物ほど削ることはありませんので、歯へのダメージを少なくすることができます。

ページトップへ