小児歯科|志木駅・新座市東北で歯科をお探しの方ははせがわファミリー歯科まで

イオン新座店4階・志木駅2分の歯科医院
時間
10:00-13:00
14:00-19:00
★土・日は、9:30~13:00、14:00~17:30
休診日:木曜・祝日・第一日曜日

〒352-0001
埼玉県新座市東北2-32-12 イオン新座店4階

  • 電話
  • メニュー

小児歯科

小児歯科

健康な歯を維持できるかどうかは生活習慣が大きく関係してきます。特に子供が健康な歯でいられるかどうかは親御さんがどれだけ子供の歯のことを考えてあげられるかにかかっていると言えるでしょう。つまり、親御さんの意識の高さが重要なのです。

むし歯になってから治療するというのではなく、できるだけむし歯にならないように予防するということが重要です。そのためには小さいうちから定期的に歯科医院を訪れて、検診を受ける習慣を持つようにしましょう。

子供さんの綺麗な歯はお父さん、お母さんからの素敵なプレゼントと言えるのです。

親御さんと一緒の部屋で治療・安心

親御さんと一緒の部屋で治療・安心

小さいお子さんが歯医者の椅子に一人で座るのはやはり不安なもの。子供にとってはお父さん、お母さんが側にいる状態が最も安心できる環境です。
当院では子供さんが安心して歯科検診や治療ができるように親御さんと一緒の部屋で治療を行っています。親御さんが側にいる部屋で子供たちに安心してもらえるようにしております。
また、子供さんの歯の状態を一緒にチェックすることもできます。

母子感染について

母子感染について

むし歯の原因になる細菌は生まれながらに持っているものではありません。では、本来、持っていない細菌がどのように口腔内に存在するようになるかと言うと、多くは母親など家族の方から感染しています。
例えば、食べ物を与えたりするとき、同じ食器を使ったりすることで赤ちゃんにお母さんの口の中にある虫歯の原因菌が入り込むのです。ですから、赤ちゃんが食事をするときは専用の食器を使うなどして、母子感染のリスクに気をつけることが重要となります。

こうした家族からの感染リスクの知識はお父さん、お母さんはもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんも含めて家族で共有するようにしましょう。

乳歯は放っておいても大丈夫?

乳歯はいずれ永久歯に生え変わります。
ですから、「乳歯の間はむし歯になっても気にしなくていい!」と考えている方もいますが、それは間違いです。
むし歯の乳歯を放っておくとだんだんと進行して悪化し、激痛を訴えるケースもあります。
また、乳歯のむし歯が永久歯にも影響を与えることもあります。
いずれにしても可愛い我が子がそんなつらい目に遭うのを避けるために、歯が生え始めたら歯科医院に行くという習慣を持つようにしましょう。

歯科医院で行う虫歯予防

ブラッシング指導

ブラッシング指導

むし歯になる原因の多くは口の中にある食べ残しを歯磨きで取り除けていないことにあります。特にお子さんが自分流で歯磨きをしても、実際には上手く磨けていないことがほとんど。ですから、きちんとした歯磨きの方法を教えることが重要になります。

そのために当院ではブラッシング指導にも力を入れています。特にお母さんに正しい磨き方の方法を理解していただくことが重要となります。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素がむし歯を防ぐということは多くの方がご存知だと思います。実際、フッ素を塗ることで、むし歯をかなりの程度、防ぐことができます。フッ素は歯を再石灰化させる効果があり、強い歯にすることができます。
また、むし歯の原因となる細菌の活動を抑えることも期待できます。

ですから、定期的にお子様に来院していただき、フッ素塗布をすることは丈夫で健康な歯を作るのに効果があるのです。

シーラント

シーラント

口の中でむし歯になりやすい部分がありますが、それは歯の汚れが落ちにくい場所です。その一つが奥歯の溝の部分。ここに汚れが付着し、むし歯が進行していくというケースが多く見られます。それを防ぐのがシーラントです。

これはむし歯になりやすい溝の部分にプラスチック製の蓋つけるという方法です。むし歯になりやすい部分を事前に減らしてしまうという予防効果の高い方法です。

ページトップへ